キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

現金化とキャッシングの違いは?

現金化は現金を手に入れたいときに便利です。

キャッシングとは何が違っているのでしょうか。

キャッシングとは

キャッシングというのはいわゆる借入に入ります。

消費者金融などの金融機関が個人に対して小口融資をしますが、それを意味しています。

キャッシングはつまりお金を借りることになります。

ATMから引き出すことが主な方法で返済もATMに返済するという形になります。

キャッシングを使った場合には元金に利息がかかります。

しかし現金化は借入ではない点が違いです。

クレジットカードを換金する優良サイト

現金化は借入ではない

ショッピング枠を利用して普通に買い物をするだけなので、借入ではありません。

そのために利用した額以上の額を請求されることもないのです。

ショッピング枠で5万円利用したのであれば5万円以上の請求は一括払いにしていればかからないのです。

分割払いにしていたりリボ払いにしている場合は手数料がかかることもありますが、基本、利用した額以上の金額の請求はないと思ってもいいでしょう。

ショッピング枠は金利もあらかじめ低く設定されていることが大半ですので、キャッシング枠と比べると現金がお得に手に入るメリットもあるでしょう。

審査が必要ない

また大きな違いとしては審査が必要ない点にあります。

審査が必要ありませんので、誰でも使いたいときに申し込みをすればすぐに使えるメリットがあります。

キャッシングと現金化はよく似ていると思う人は多いですが、実は全く違う別物だということを理解しておきましょう。